読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宅建難易度や

宅建難易度や

宅建のダブルライセンス

宅建の資格は、不動産業界、それか不動産売買と関係がある業界に潜り込むのに絶好のチャンスをプレゼントしてくれます。不動産って、全国のどこに行っても必ず需要が絶えない業種ですしね。こんなに心強い資格も珍しいですね。

というわけで宅建の資格を持っていると驚くほど定められた業界には入りやすいです。よく「××の資格を持ってると就職に有利! って聞いたのにそうでもなかった……」なんて嘆きが聞こえてくることがありますが、宅建に限ってはその心配はすごく少ないです。 女性だからと言って不利になるわけでもないですし、年を取っているからと言って不利になるわけでもないようです(さすがに多少の違いは出てきますけどね)。

とはいえ、就職や転職、それと昇進や給料アップに思い通りにつなげたいならただ普通に働いているだけでは足りないかもしれません。宅建の資格を取ってからできるキャリア開花の方策に、「ダブルライセンス」がありますね。

◆同じ不動産業界の資格でダブルライセンス

たとえばマンション管理士管理業務主任者の資格を取っておくと、マンションの管理人の仕事をスペシャリストとしてできる立場になります。実は管理人のいないマンションは全国にたくさんあって需要はまだ手つかずのままだという話ですね。

宅建の試験にはどんな

宅建の試験では、かなりいろいろな科目を勉強しないといけません。試験問題はマークシートで出てくるんですね、つまり選択(四択)問題ですから、4回に1回の割合で的中はしますがそれでは絶対に受かりません! しかも問題は50問ありますし、1問を2分とちょっとくらいの時間で解かないと間に合いません。

それでは宅建の試験にはどんな科目があるのか説明しましょう。

そして、宅建難易度や

◆権利関係の科目

民法」「建物区分所有法」「不動産登記法」「借地借家法」……etc.
合わせて14問程度出題されます。

◆法律関係(法令上の制限)の科目

都市計画法」「建築家淳法」「土地区画整理法」「宅地造成等規制法」「農地法」「国土利用計画法」……etc.
合わせて8問程度出題されます。

宅地建物取引業法に関する科目

宅地建物取引業者」「宅地建物取引士・営業保証金」「保証協会・業務上の規制・監督処分」……etc.
合わせて20問程度出題されます。

◆税・土地等評価に関する科目

印紙税」「固定資産税」「地価公示法」……etc. 合わせて3問程度出題されます。

◆免除科目

「宅地建物の統計」「住宅金融支援機構」……etc. 合わせて5問程度出題されます。

宅建の試験では、これらのちょっとややこしい(最初のうちはちょっと慣れるのたいへんですからね)難問を7割かそれ以上くらいを目標に解かないといけません。
言い換えるなら、宅建の受験をするなら要領のよい勉強法を実践して、試験にでる範囲を片っ端から頭の中にインプットしていかないといけませんよ、ってことですね。